海外在住小学生(子供)の漢字の覚え方!色々試した結果良い方法見つけました

海外在住小学生の漢字の覚え方 子供日本語教育

こんにちは!みかんです。

海外在住の小学生のお悩みといえば「漢字」。

現地の日本人学校に通っている場合は学校で日本の学校と同じように国語の授業で漢字を覚えてくると思いますが、現地校に通っていると自宅で学習させるしかなく、頭を悩ませている親御さんも多いと思います。

我が家の小学生の娘も平仮名やカタカナは読めるけど、漢字をどうやって取り組んだらいいかわからず、あれこれ試しています。

その中でもなかなかこれいいんじゃない!!

と感触が良いものがありました。

どんな方法か先に結論を言ってしまうと、「日本のお気に入りのの歌詞を漢字付きで覚えさせる」というものです!!

この方法は誰かが紹介しているというものではなく、ただ単に「娘が歌詞を覚えたい!」というので歌詞を書いてあげる時に全部ひらがなで書くのはわかりにくいな・・・

との思いから漢字も入れたまま書いたのですが、意外と漢字を読めるようになり、大好きな歌なので娘も楽しく勉強しています!

今まで試した方法も合わせながら紹介していきますので、同じように海外在住で子供の漢字教育に悩んでいる方の参考になればな、と思い紹介させていただきます。

海外在住小学生(子供)の漢字の覚え方!色々試した結果良い方法見つけました

文字を覚え始める年齢は個人差もあるかと思いますが、私の娘や姪・甥・友人の子供を見ているとだいたい4〜6歳くらい、最近は小学生に上がる少し前から始めている子供が多いのかな、という印象です。

海外在住でも、ハーフでも「ひらがな」「カタカナ」までは大丈夫なんですよね・・・

まだ、4〜6歳ぐらいであれば学校の宿題もないし、子供も初めての学びに興味津々、親の私たちもやる気いっぱい!

自分の名前をかけるようになっただけで褒めまくり!!!

ただ、漢字になると一気にスピードダウンしてしまいます。

我が家の長女も5歳くらいでひらがなを読み書きできるようになりましたが、もれなくその状態で水平飛行したまま8歳の現在まで来ました。

今までも幾度となく、漢字に取り組んでみましたが、まぁ、覚えません。

海外で現地校に通っている小学生にとっては

  • 現地の学校の勉強が忙しい
  • そもそも漢字を見る機会が少ない
  • そもそも日本語の語彙が少ない

時間もなければ、触れる機会もない。

意味もよくわからず、時々漢字をさせられる。

けど、その後その漢字を見ることも使うこともない、こんな状態では覚えられないのは当然ですよね。

覚えることができないし、覚えるメリットも感じられない、子供達もどんどん嫌になってきます・・・

子供が嫌々やると親はイライラw

悪循環で抜け出せませんよね。

「日本の曲の歌詞」を読ませることで、その悪循環から少し抜け出せそうな気配が見えたので、もし同じ悩みを抱えている方がいたら真似してみてくださいね!

おすすめの漢字学習!大好きな曲の歌詞で漢字を覚えさせましょう!

子供の漢字学習で色々試した「私がこれいいじゃん!!!」と思っている方法は

「日本のお気に入りの曲の歌詞を漢字付きで覚えさせる」

ということです!!

もちろんネットなどで紹介されていればそれを印刷してもいいですが、私はちょっと文字が小さくて読み難いな、と感じたので手書きで書きました。

実際の写真も載せたらわかりやすいのですが、著作権などもあるので控えようと思います。

ただ、本当にA4の紙に子供の読みやすいように書いてあげるだけ。

ひとつだけポイント!

ノートよりもA4の1枚紙に書いてあげるのがいいですよ!

なぜならどこでも持ち歩けるからです!

漢字入りの歌詞を見ながら歌う小学生

娘もお風呂場に持っていき、リビングに持っていき、車の中に持っていきとりあえずどこでも歌ってます(笑)

ちなみに娘が歌いたいと言った歌はYOASOBIの「夜に駆ける」

はっきり言って激ムズ!!

まず「夜に駆ける」の時点で海外在住の子供であれば「どういうこと???」になりますよね。

でも、初めから最後まで全部覚えましたよ。

もちろん全部意味までわかっているかといえば、答えは「ノー」ですが、この歌を覚えるにあたり、よかったのは使われている漢字を勉強している感覚ではなく自然に覚えられたと同時に普段使わない言葉も合わせて覚えられたこと。

「これなんて読むの?」

「これどういう意味?」

というやりとりを何度もしました。

漢字に関してだけいえば、出てくる漢字を全部を書けるようになったわけではありませんが、歌詞の中に入っていればきちんと読めるようになりましたし、歌詞の中でよく出てくる「夜」「空」は漢字のある絵本を読ませてみたところ、読めるようになっていました。

「君」「僕」も紙に書き、見せてみたところ読めるようになっていました!

何と言っても娘が自分から楽しみながらやりたいと言ってくれるのが何とも嬉しいですね!

漢字の勉強だけではないですが、どうしても親にやらされている感があると親も子も楽しめないですよね・・・我が家の娘のように歌の好きな子なら漢字の勉強だけでなく「ひらがな」「カタカナ」「語彙を増やす」目的でやっても、効果があると思います!

次は「前前前世」を歌いたいと言っているで、歌詞を書いてあげようと思います!!

楽しみ!!

漢字ドリル教材を使った漢字の覚え方はどう?

我が家の娘も漢字を覚えるにあたって日本から色々な漢字ドリルを買ったり、送ってもらったりして試してみたので、それもどうだったのかちょっと紹介しますね。

我が家でも、一時期日本で流行ったう◯こドリル、ダイソーで購入した漢字ドリルなどをやらせて見たことがありますが、もらった時は嬉しそうなのですが、結局初めの1、2ページやって綺麗なまま残っています・・・

海外在住小学生の溜まっていく漢字ドリル
溜まっていく漢字ドリルたち

同じようなドリルでも、迷路や図形など、子供が楽しいと感じているものは1日でドリルを全部終わらせてしまうほどなので、やはり子供本人の興味が大切なんだな、ということがわかります。

もちろん、それでもやらせればやるかもしれないですが、

  • 漢字に興味がない
  • 漢字の意味を理解していない
  • 学習した後にその漢字を使わない

の状態では、覚えることはできないし、「やっただけ」になってしまいますね。

ということで、我が家では「漢字ドリル」での練習は、もう少し日常的に漢字を読めるようになり、本人が「漢字を書く」ことに興味を持ち始めてからにしようかな、と考えています。

漢字を覚える目的は?どのレベルを求める?

ここまで漢字の学習方法を説明しましたが、漢字学習をするにあたり大切なことは「漢字を覚える目的」です。

それによって「どのレベルを求める」のかが変わりますし、勉強方法も変わってきます。

例えば、

「現在は海外在住だけど、将来日本に帰って日本の学校に通わせる予定がある」場合は

「日本の学年と同じように漢字も読み書きできる」ようにしてあげたいですし、

「将来日本で就学予定はないけれど、日本に一時帰国した時など不自由なく過ごすことができる」という場合は

「書けなくとも、とりあえず読めるように」してあげたいですね。

我が家の場合は、今の所日本に帰国して就学する予定はありませんので、「書けなくてもいいけど読めるようにはなってほしい」と思っています。

現在はメールやスマホもあるので漢字が読むことさえできれば、簡単に変換することができます。

漢字が読むことができれば、日本のじいじ、ばあばとのメールや手紙でのやりとりも可能です。

もちろん、本人が漢字を書けるようになりたいと思えば練習をすればいいですが、

今の所ドリルなどを試しても、漢字を書く楽しみよりも「難しいから嫌」という感情の方が強いようです。

一方で、近い将来日本に帰って就学予定のある子供さんの場合は、我が家のように「子供がやりたいというまで」待っていたら、遅いかもしれないので、日常的に漢字を取り入れて、書く練習もさせてあげたいですね。

まとめ

今回は我が家で見つけた「海外在住小学生でも嫌がらずに楽しく漢字を覚える方法」を紹介しました!

具体的には「日本の曲を漢字入りの歌詞で覚えさせる」というもの。

我が家の娘の場合は、普段から歌が大好きで毎日朝から晩まで歌っています。

その大好きな歌にちょっと漢字を絡めることで、嫌がらずに楽しく覚えることができました。

海外在住でただでさえ漢字を習得するのが難しい環境です。

親がやらせる漢字学習でなく、子供が嫌がらずに楽しくできるというのがポイントですね!

子供が楽しんでくれれば、親がやらせるよりも断然継続もしやすいし、効果もありますね。

そういった意味ではきっと歌でなくても、子供の興味があるものにからめられれば何でもいいと思いますので、お子さんの好きなことで挑戦してみてくださいね!

私もまた良い方法があったら紹介します!

タイトルとURLをコピーしました