スマイルゼミ海外利用者の口コミ評判!実際に使って感じるメリット•デメリット

スマイルゼミ 海外 レビュー
みかん

こんにちは、みかんです!

タブレット通信教育のスマイルゼミは海外在住者でも気になっている人が多いと思います。

海外からの入会はハードルも高かいからこそ、絶対失敗したくないですよね。。。

  • 日本語学習に役立つ?
  • そもそも海外在住の子供でもついていける内容?
  • 欲を言えば日本語だけでなく他の教科も学習できたら嬉しいけど(欲出しすぎ・・・)
  • 家庭学習がちょっとでも楽になればいいけど(切実・・・)

と、色々私も悩みました。

ですが、これからまだ何年もずーっと付き合っていく我が子との家庭学習。

子供にあう学習方法を見つけたくて、色々試しているうちに、口コミが良いスマイルゼミもどうしても試したくなってしまい、始めてしまいました!w

入会した今は、毎日娘が楽しくスマイルゼミをやってくれているので思い切って入会して良かったです!

そして、今まで試した教材よりは親の手が離れて一人で学習できる時間が多い気がする。。。

みかん

これがタブレットの力!!けど結構大切なポイントだよね!

けど、国語の学習が思ったより少ないことや学習後のゲームの存在で悩んでいるポイントもあります・・・。

こちらのページでは我が家と同じように海外在住でスマイルゼミ 気になってるんだよなーという方の少しでも参考になればと、海外でスマイルゼミを使っている感想レビューを書いていきます!

実際に取り組んで感じる、スマイルゼミのメリット・デメリットも紹介するので参考にしてくださいね。

そもそも海外で利用できるのか、については別のページでまとめているので、そちらもよかったら合わせてチェックしてみてください!

お得に入会できる紹介者IDを探している方はみかんのIDをぜひお使いください↓

みかんの紹介者ID:7600-7945-0327

今なら紹介者様・入会者様それぞれ1,000円分のデジタルギフトがゲットできます♪

Contents

我が家がスマイルゼミ入会を決めた理由はこれ!

我が家がスマイルゼミの入会を決めた理由はズバリ、

2022年4月から開始するコアトレ!!

スマイルゼミ コアトレ

算数・数学と国語の2教科は幼児〜中学までの範囲で「さかのぼり」「先取り」ができてしまうんです!!

みかん

おお〜!!海外在住者には嬉しすぎる〜!!

海外在住といっても、ある程度の歳になってから海外に移住した場合や日日夫婦の場合、日本人学校に通っている場合などは日本語の学習に関しては特に苦労していることは少ないかもしれません。

しかし、我が家のように

  • 生まれてから一度も日本に住んだことない
  • 国際結婚で家庭内の共通言語が日本語ではない
  • 田舎暮らしで日本人学校はもちろん近くに日本人がいない

みたいな環境で子供に日本語教育をしているご家庭もあるはず。

みかん

書いてたら辛くなってきた・・・涙

そういう家庭の場合、当然ながら日本語力は日本の学年より低い。

そうすると日本の通信教育を検討した時に「教科によって子供の学力レベルが違う」ので

「受講学年を日本語力に合わせるべきか?」

それとも

「本来の学年に合わせるべき?」

めちゃめちゃ悩むんですよね・・・めちゃめちゃ。

本来の目的は日本語力をあげることだけど、通信学習ってどこも他の教科も勉強できるし、高いお金払うならどうせなら他の教科もしっかり取り組んでほしい

(欲張り?いや欲張りじゃないよね・・・)

「受講学年を日本語力に合わせたら」他の教科が簡単すぎてつまらないだろうし、

「本来の学年に合わせたら」国語が難しくて挫折しそう。

だからこの「さかのぼり」「先取り」ができるのが本当に本当に魅力的なんです!!

今までこの「さかのぼり」「先取り」ができるのは無学年教材すららデキタスだけでした。

デキタスは「さかのぼり」、「先取り」できる範囲が利用学年で学習する単元に関連する内容がある限りという感じで、どの単元でも取り組めるわけではないです。

「先取り」はそれでもいいですが、我が家の場合は「さかのぼり」に期待していてそれも単元に関連のある内容しかな学べないのか・・・と思い、融通が一番効くすららに飛びつきました!!

みかん

こっちの学校って小3になるのにまだ時計の読み方も勉強しないんだよね・・・
日本だと小1かもしくは小学入学前だよね・・・

こういうピンポイントで学ばせたい単元も結構あるんですよね。

一方、スマイルゼミは通信教育としての魅力は感じつつも、学年での縛りがあったので、今まで試してみたいリストには入っていなかったのです。

でも、2022年4月からコアトレが始まることになり、一気に私の中で試してみたい気が増して・・・

しかもコアトレは「先取り」は単元毎学習が完了すれば次に進めるようになってるけど、「さかのぼり」は自由にできるとのこと!

さらに、色々調べていると「子供一人でも取り組める」とか「学習習慣がついた」というような良さそうな口コミが多く、

みかん

もう、気になるなら試しちゃえっ!

と試してみることに!!!

ちなみに、すららは専属コーチが付いてくれるのが頼もしくて、母娘ともにとても気に入っていたのですが、同時進行は娘に負担がかかりすぎるので休止制度があるので休止させてもらっています。

みかん

我が家は娘が一番楽しく長く続けられる教材を求めて色々試している最中ですが、最終的に無理なく楽しめる教材を選ぼうと思ってま

すららは小学生〜高校までの5教科全部に「さかのぼり」「先取り」学習ができますが、

スマイルゼミは幼児〜中学までの算数・数学、国語のみ「さかのぼり」「先取り」学習ができるようになります。

日本へ帰国予定がある場合とそうでない場合とで2教科以外の「さかのぼり」「先取り」ができるかどうか判断基準が異なると思います。

我が家の場合はとりあえず、日本への帰国予定はないので、一番重要な国語の「さかのぼり」ができて、娘の一番好きな教科である「算数」をどんどん進められるのであれば、十分試す価値があるかな〜と。

最終的には子供に聞いてみたら、「やってみたい!」とのことだったので入会を決めました。

みかん

すららは私のPCを使って受講していたのですが、スマイルゼミは専用タブレットが必要なので、自分のタブレットが手に入るのが嬉しかっただけかもw

スマイルゼミを海外から使っている感想レビュー!

スマイルゼミをやり始めてまだ1ヶ月ですが、今の感想をまとめると・・・

  • 自分のタブレットを持てて嬉しそう
  • 楽しそうにやってるから学習習慣は確かに着きそう
  • 視覚的にわかりやすく進めやすいので子供一人でもどんどん進められる
  • 1番の目的国語力はスマイルゼミ任せだけでは難しいかな?
  • 遊び要素のアプリの扱いが難しい・・・

総評的には

みかん

学習習慣が着きそうなので、他のスマイルゼミ以外の学習も混ぜ込みながらうまく利用していけば、親主導の家庭学習から抜け出せそう!?

ただ日本語学習が目的ならプラスα他にも取り組まないといけないし、ゲームの扱いは注意が必要かな・・・

という感じです。

まず「子供が楽しくやっているか」、第一関門であり、一番大切なことですが、それはまぁ、楽しそうにやってますw

今まで試したオンライン教材の「すらら」も「デキタス」は専用タブレットがありません。

それはもちろん初期費用がかからず、すぐ始められるのでメリットにもなるのですが、我が家の場合は、家に娘の使えるタブレットがなく、続けられるかわからないのですららを受講するにあたって新しくタブレットを買うことはしませんでした。

みかん

一応タブレット購入は検討していたので調べてみたけど、どの程度のタブレットを買えばいいかもわからなかった・・・汗

なので、私のPCでやらせてたんです。

一方、スマイルゼミは専用タブレット出ないと学習できないので、もちろんタブレットを入手したのですが自分専用のタブレットが持てただけでもかなり嬉しそうっ!

私のPCでやってた時は私が主導になってPCを立ち上げて、URLにアクセスして、ログインして、「さぁ、やって!」みたいな感じで完全受け身でした。

それが、スマイルゼミのタブレットは完全に娘がスイッチを入れて学習する講座を選んで、自分で全てやってるのでやらされている感がありません。

まぁ、これは他の教材でも専用のタブレットを用意してあげればよかったのですが、せっかく購入するなら高品質の方がいいけど、遊ぶために買うわけじゃないし、けど安くてすぐ壊れても嫌だし・・・・。

みたいな感じで結局どのタブレットを購入していいかわからなかったんですよね。

スマイルゼミはタブレット代は安くはありませんが、私みたいに優柔不断な人には自分で選ばなくていいのはありがたかった。

ちなみにスマイルゼミタブレットは、スマイルゼミを辞めてもAndroidタブレットとしても使える仕様になってます

みかん

退会した場合は普通にタブレットとして使ったり、すららやデキタスのように専用タブレットのない教材を勉強したいと思った時にも使えるなーと思っています。

こんな感じで、専用タブレットのおかげで、自分からやってくれるようになったので確かに学習習慣をつけるのには苦労しなさそうです。

また、スマイルゼミは電源を入れると自動的にその日取り組むべき講座が提案されている(今日のミッション)ので、すぐに学習に取りかかることができます。

スマイルゼミ 今日のミッション画面
スマイルゼミ 今日のミッション画面

今日のミッションは取り組みが遅れている教科や、間違えた問題を踏まえてバランス良く出題されるので、算数だけしかやってない、国語は一度もやってない、ということになりません。

もちろんミッション以外の講座をしたい場合はそれもできますよ!

みかん

我が家もまずミッションから始めて、そのあと自分の好きな講座をやってます!

あとスマイルゼミのいいところは「子供一人でも進められる」んだけど、何をどれくらいの時間をかけて勉強したか、理解度はどのくらいなのか、をみまもるネットというアプリから親がチェックできます。

スマイルゼミ みまもるネット画面
スマイルゼミ みまもるネット画面

ずーっと見ているのは大変だけど、子供に丸投げも怖い・・・けどこうやって、子どもの学習内容がわかるのは安心です。

上の画像は全体的な進み具合をチェックできる画面になってます。

「算数のこの講座に5分」、「英語のこの講座に4分」、といったように上の画像よりもっと細かい取り組みの様子もチェックできますよ!(どのゲームで遊んだかも見れますw)

我が家の1番の目的であった日本語に関しては・・・

悪くはないけど、「スマイルゼミ一つだけでもう国語力安心!」とまではいかないかな、という感じです。

例えば小3標準コースで配信される国語の内容はこんな感じです↓

スマイルゼミ小学3年 国語2月講座
スマイルゼミ小学3年 国語2月講座

全8講座+漢字コレクションが配信内容になっています。

この中で私がこういうの求めてたっ!って感じの講座は半分かな。

例えば

「ローマ字とコンピューター」の講座では、パソコンで「し」は「SI」もしくは「SHI」と打ちましょう的ないわゆる日本語のローマ字の学習。

「わたしたちの学校じまん」の講座では、グループで話し合いをするときにどう進めるべきか(進行役を決めて、進行役が発表者を当てて・・・)みたいなことを学習。

みかん

わかるよ、わかるよ、大切だもん、こういうこと。
私も昔、学校で習ったし・・・

けど、海外在住の私が求めていたものはこういうのではなくて、「物語を読む」「文章を書く」みたいなこと

もちろん、「物語を読む」というような講座もありますが、圧倒的に少ない・・・と感じます。

もちろん他の教科もすべて日本語なので、他の勉強をしていく中でも日本語を使えるようになっていく、というのはありますが、一番講座の数が多い算数などは使われている日本語も限られてくるので、そこで日本語力をアップを期待するのは無理がある。

正直、スマイルゼミだけで国語力を上げることに関しては、難しいのかな、と感じました。

みかん

日本から移住してきた家族など、もともと日本語力の基礎がある子供であれば、日本語力維持するのには役立つと思いますよ!

なので、読む練習として音読をさせたり、日本語で書かれている物語を与えたり、日記を書かせるなど、スマイル以外にももっと読み書きに触れさせる必要があるのかなーと思います。

夏休み2ヶ月限定でやってみたブンブンどりむはがっつり読む書きの練習になったので、また長期休みに合わせて受講するのもありかもしれないなー

\オンラインですぐ無料体験キットもらえるよ〜/

↑クリックで公式サイトに飛ぶよ

ブンブンどりむ海外受講については別記事でまとめています↓

もう一つ悩んでいるのは「アプリゲーム」の扱いについて!

スマイルゼミには学習をきちんと終えるとスターがもらえて、スターが溜まると「スターアプリ」といういわゆるゲームができます。

その内容が本当にゲームで、「バスケット」「テニス」「野球」「猫を育てるゲーム」みたいなアプリなんです。

ゲームの利用時間は0〜60分で親が設定することができます。

我が家には元々ゲーム機やタブレットがなかったので、ゲームばかり、タブレットばかり・・・みたいな習慣は、今のところありがたいことにありません。

でね、我が子、はじめはこの存在に気づいていなかったんです・・・けど、なんか勉強だけやらせてるのもかわいそうになってしまい、ついつい存在を教えてしまったんです・・・。

そしたら、はじめて自由に遊べるゲームが楽しいみたいで、学習した後に必ず「ゲーム何しようかなー?」みたいな感じでゲームをするようになってしまいました・・・ガーン・・・

みかん

教えた私が悪けど、なんか、ゲームやる為に勉強やるみたいになってしまったらめちゃめちゃヤダ!

我が家は20分で設定しているので、20分だけだし、姉がスマイルゼミやってる間、大人しく待っていた妹にゲームをやらせてあげたりしているので、許容範囲?とは思いながらも、なんかモヤモヤ。

我が子はスイッチとかオンラインゲームとか今までゲームに無頓着できたので、これからどうなるのか?、もしかして飽きてやらなくなるのかもしれないし、もっとやりたいとなるのかも?・・・

ゲームの設定を0分にしちゃおうかなー?10分くらいは残しといてあげようかなー?と色々考えているところです。

はじめにも書きましたが、スマイルゼミでは確かに学習習慣はつきそうですが、スマイルゼミだけで国語力をアップさせるのは難しいかな、と思います。

自分で勉強するという学習習慣をうまく利用して、他の日本語教材と混ぜながら、進めていくのがいいかなーと感じています!!

みかん

4月から始まるコアトレで国語がもっと勉強できることに期待!!
楽しみー!!

【スマイルゼミ口コミ評価】SNSで探してみたよー!

私以外の海外在住者の口コミも紹介していきます。

私もスマイルゼミ入会前はいろんな口コミをSNSで読み漁りましたー!

スマイルゼミ海外在住者の良い口コミ

節分、桃の節句、端午の節句、七夕、お盆・・・日本に居たら、自然に日本の文化が染み付いていきますが、海外にいたら親が教えなかったらわからない日本文化がたくさんありますもんね。

日本人だから日本の文化もしっかり知ってほしい!!

日本文化も学べるのはかなり魅力的ですね。

やっぱり私と同じく日本語学習用にと考えていらしゃるツイートもいくつも見かけてホッとしました。

5歳で親なしで一人で進められるって、最強ですか!?

けど、子供任せにならずに親もアプリで何を学習したのか、どれくらい使ったのか、出来具合はどうだったのか、がわかるようになってるのもいいですね!

スマイルゼミ海外在住者の悪い口コミ

確かにカリキュラムは日本と海外で違うので子供が混乱することはあるかもしれないですね・・・。

国語のように日本でしか習わない教科はいいですが、一番は算数かなー。

確かに進み方も全然違うし、解き方も違う、数字の書き方まで違うし、「.」「,」の使い方も違う、筆算の解き方も違うし、、まだまだあるよ。

みかん

これに関しては、私も初めは心配していたのですが我が家の場合は全く問題ありませんでした!

日本ではこう、フランスではこうと、きちんと理解してそれぞれそれに合わせてやってます。

まだ幼稚園の妹でさえ、日本とフランスの数字の書き方の違いを理解して使い分けてます。

おそらく、生まれた時から複数の言語や文化が身近にあったから、同じ物事でも違う見方や伝え方をするってことは自然に受け入れられるんだろうなー。

やっぱり海外発送してないのが、なかなか入会のハードルあげてますよね。

これだけ、海外の利用者がすでにいて、さらに利用したいと思っている人も多いのであれば、ぜひ海外発送をしたり、特別な補償制度をつけたりしてくれると、すっごく嬉しいですね!!

みかん

期待してまーす!!

スマイルゼミを海外で受講するメリット・デメリット

感想のところでは、海外受講としてというよりスマイルゼミに対する総評的な感じになってしまったので、

ここでは特に海外在住者に注目して「スマイルゼミを海外で受講する上で良い点(メリット)と注意点(デメリット)」をまとめておきます!

スマイルゼミ海外受講のメリット

スマイルゼミ海外受講のメリット
  • 毎月教材の郵送がない(郵送代節約、教材が貯まらない)
  • タブレットなので難しい日本語も取り組みやすい
  • 日本の進んだ算数数学を学べる
  • 日本文化について学べる
  • (日本帰国予定のある場合は)教科書準拠のため日本の学校の授業に遅れない
  • 自動採点機能があるので親が付き切りでなくて良い
  • 4月からコアトレ開始(教科によってレベルが違う海外在住者にこそおすすめ!!)

毎月教材の郵送がない

タブレット1台だけあれば、後は毎月の講座はタブレットに送られてきます!

上の子が保育園の時はこどもちゃれんじの海外受講を購買してましたが、海外郵送代が高くて高くて・・・日本で受講する約2倍かかってました。

みかん

海外郵送が高いからという理屈はわかるけど、毎月日本で受ける場合の2倍かかってると思うとなんだか損した気分になってました・・・。

しかも海外郵送ということで、滞在国の関税や配送業者の質により、届くかどうかもかなりストレスでした。

実際届かない月があって何度も問い合わせをしたり、関税の関係で付録で送れないものがあったり・・・

スマイルゼミは始めのタブレット受け取りだけしてしまえば、あとは郵送ストレスがないのがかなりの魅力!

またスマイルゼミはタブレット1つで完結なので副教材もありません。

副教材といえば、こどもちゃれんじ。

こどもちゃれんじのトイは確かによく考えられてて今でも遊んでいるものもあります。

ただ、流石に小学生になり毎回付録が送られてくると、ものが増えていく、管理できない、そのまま捨てるものもあるし、もったいない・・・

特に2人目になると同じおもちゃはいらないですよね。

スマイルゼミは付録がないので、必要なおもちゃは長く使えて本当に必要なものだけを買えばいいスタンスの家庭2人目以降のお子さんの場合にはポイント高いですね!

難しい日本語もタブレットなら楽しみながら学習できる

海外在住者の私がわざわざ日本の通信教育で学習させようとしている一番の理由はもちろん「日本語力」

みかん

ドリルをやらせてみたり、日記を書かせてみたり、色々していますが、やっぱり日常生活で使う頻度の少ない日本語を勉強するのって結構大変。

スマイルゼミはタブレットなので学習のハードルがかなり下がります。

ここ数年一番躓いていた長女の漢字学習もゲーム感覚で覚えています。

スマイルゼミ 小学生講座 漢字
スマイルゼミ小学生講座 漢字カルタ画面

国語の講座のみならず、他の教科ももちろん日本語で学習しなければならないので必然的に日本語を使って考えるので日本語の語彙が増えています。

感想レビューのところに記載した通り、「スマイルゼミだけで日本語力をアップ!」というのは難しいですが、タブレット学習ということで日本語に触れるハードル、日本語での学習のハードルはかなり下げてくれているのは事実です。

日本の進んだ算数・数学を学べる

国によると思いますが、フランスの場合は算数・数学は学年が進むにつれて、日本の学校の進み具合に比べ遅れていきます。

大人になればフランスも日本も学力の違いはないと思うので、特に心配はしていないですが、1教科でも自信がある教科があるとやっぱり学校の勉強が楽しくなるはず。

みかん

ある程度の年齢から海外移住したお子さんの場合は現地語がわからないけど、進んでる日本の算数を学習していたことで移住先の学校ではヒーローになれたので自信につながった的なストーリーは何度も聞いたことあるよっ!

我が家の娘も好きな教科を聞くと「算数!」と答えます。

日本語力だけでなく、現地でも通用する教科の学習もどんどん進めることができるのも魅力ですね!

みかん

特に日本の算数の文章問題って頭をひねらないといけない問題が多かったりするので、計算ばかりさせる海外の算数より面白いんですよね!!

スマイルゼミ 算数問題

しかも時間制限内に正しく・早く解くトレーニングモードだと同じ問題でも問い方が変わるので丸暗記は通用しないようになってます。

これはきちんと文章を読み解く力(つまり国語力)にもつながるからいいですね!!

日本文化について学べる

日本語はもちろん、海外で現地校やインターナショナルスクールに通っていてはなかなか学ぶことのない日本文化や日本についても学ぶことができます。

娘の講座を見てると社会の授業で100年前、50年前の日本のことが学べたり、親子で教えるには限界があるようなこともきちんと知識として教えてくれるのでありがたいです。

最近娘がはまってるのは日本の歴史人物の漫画

スマイルゼミアプリで読める「日本の歴史」

よく海外在住の子供向けの日本語学習におすすめの方法として歴史漫画が紹介されることが多いですが、これがスマイルゼミのアプリで読むことができてしまいます!

スマイルゼミアプリで読める「日本の歴史」
スマイルゼミアプリで読める「日本の歴史」

学習するために読むのではなく、読みたくて読む、こんな一番効果的な方法で日本文化について学べるとは期待してなかったので嬉しい期待はずれでした!

(日本帰国予定のある場合は)教科書準拠のため日本の学校の授業に遅れない

スマイルゼミの学習スケジュールは教科書準拠となっているので、日本へ帰国予定がある子も安心ですね!

我が家はとりあえず日本に帰国予定はないのですが、日本に長期帰国した時には日本の学校にも入学させてみたいな、という思いがあります。

一時体験とはいえ、受け入れてくれるクラスに迷惑はかけたくないですし、ある程度日本の学習スケジュールに合わせて学習もしておきたい、という気持ちもあります。

学校の負担のことを考えてるのはもちろんですが、日本の学校では今どんなことを学んでいるのか、知れるだけでも、娘の負担も減らせるかな、と考えています。

一時帰国の体験入学については別記事にしているので、こちらもよかったら覗いてくださいね!

自動採点機能があるので親が付き切りでなくて良い

スマイルゼミは自動採点機能があり、その場ですぐ採点してくれます。

間違えても解き方を教えてくれるので子供だけでもどんどん進められます。

家庭学習ってただでさえイライラしてしまいませんか?

みかん

私は結構苦手です。。。

ついつい、良くないとはわかっていても「今やったばっかりでしょ?どうしてわからないの?」と追い詰めてしまったりします。

もちろん、初めは使い方がよくわからなかったり、少し娘にはレベルが難しい国語の文章問題などは隣についたりしていますが、少しずつ私がいなくても進められる講座が増えてきました。

さすがタブレット、ゲーム感覚で一度やれば要領がつかめて進めやすいです!!

ずーっとひっついては辛いけど、たまに見る分なら優しくできるし(汗)、親子関係にも良い学習方法だな、と思います。

【2022年4月からコアトレ開始】教科によってレベルが違う海外在住者にこそおすすめ!!

何と言っても、2022年4月から始まるコアトレ(国語&算数・数学のさかのぼり、先取り学習)が海外在住者にとって魅力的です!!

スマイルゼミ コアトレ
スマイルゼミ コアトレ

「日本から越してきたばかり」、「現地で日本人学校に通っている」「小学入学前」

というようなお子さんの場合は日本の学習スケジュールでもついていけるかもしれませんが、

我が家のように

「生まれてからずっと海外」、「学校は現地校」、「家庭の言葉が日本語以外」、「すでに小学高学年以上」

というような子供の場合だと、明らかに国語力のレベルが低い場合も多いはず。(我が家だけではないはずっ!!)

日本の通信学習でなんとか日本語をキープ&アップさせたいけど、学年選択どうしよう・・・・。

みかん

年齢に合わせて難しい国語を頑張れるか?それとも国語力を合わせて学年を下げるか・・・

これを解決してくれるのが、コアトレの「さかのぼり」「先取り」学習!!

これなら教科毎に子供のレベルに合わせて学習できるので無駄がないですね。

スマイルゼミ海外受講のデメリット

次に注意すべき点(デメリット)も見ていきましょう。

スマイルゼミ海外受講のデメリット
  • タブレット配送が国内のみ
  • 故障の時の補償スムーズにできない
  • 2週間お試し体験が利用できない
  • 資料請求が海外配送していない
  • 社会や理科などを日本語で理解するのは難しい
  • 読み上げ機能が少ない

タブレット配送が国内のみ

何と言っても、タブレット配送が国内のみというのがやっぱりいちばんのデメリットですよね。

いくら海外在住の受講者がいるといっても、タブレットの海外発送までやってくれるようになるのはまだまだ先のこと、いやないかもしれないですよね・・・。

そもそも日本在住者向けの学習なので、ここは自分で解決しなければいけません。

私のように諦めきれない方は、「一時帰国まで待つか」、「家族・転送サービスを使って海外に送るか」どれがいけそうか考えてみてくださいね。

やはタブレット配送のハードルがな・・・という方は、PCかタブレットをお持ちであればすぐ始められる無学年教材すららをチェックしてみるのがおすすめです。

故障時の保証がスムーズにできない

スマイルゼミはタブレットが故障した場合、格安で修理や交換をしてもらえる「あんしんサポート」というものがあります。

タブレット購入から1年間は自然故障であればタブレットメーカーの保証もありますが、あんしんサポートに入っていると自己破損の場合も保証されます。

あんしんサポートは全額保証ではないですが本来自己破損の場合、タブレットの再購入代として43,780円払わなければならないところ6,600円で交換してもらえるので、国内にいたらめちゃめちゃありがたいサポートですよね。

ただメーカー保証&あんしんサポートどちらの保証もタブレットをスマイルゼミに送付して故障状態を見てもらい、修理ないし交換をしてもらった上で、再度送ってもらわなければなりません。

みかん

できないこともないけど、お金も時間もかかるしやっぱり不便・・・

あんしんサポートは年間3,960円なのですが、オンライン体験会に参加すると1年目は無料でつけてもらえるので、我が家も一応ついてますが、2年目はどうするかなー?

『往復海外郵送代+交換代6,600円+あんしんサポート年間料3,960円』

を考えたらタブレットの再購入代43,780円とあまり変わらない気がします・・・。

やっぱりこれについてもどうすることもできないので、なるべく故障しないようにタブレットの扱いに気をつけるしかないですね!

2週間お試し体験が利用できない

スマイルゼミには2週間無料お試しという制度があります。

2週間以内であればタブレットを返送することで料金がかからないので、子供に合うかわからない?というように悩んでいる人でも始めるハードルがかなり下がるキャンペーンです。

ただし、海外在住者は日本一時帰国中であればもちろん試せますが、私のように海外にタブレットを郵送して手に入れる場合はもちろん2週間の間に「海外に発送して、体験して、日本に返送する」というのが物理的に無理がありますね・・・。

2週間のお試しができないかわりに、始める前にきちん調べて自分と子供の納得のいくものなのか検討する必要がありますね。

資料請求が海外配送していない

資料請求も国内住所のみです。

資料請求をするだけで「限定アイテム」や「漢字攻略ブック」がもらえたり、入会しなくても資料請求をしたくなっちゃいます。

そして、いろんな情報を調べていると、どうやら資料請求すると頻繁にお得に入会できるキャンペーンコードがもらえるらしい!!

けど、2回目になりますがお届けは国内住所のみなんです。

ちなみにどうしても少しでもお得に入会したかった私は実家に資料請求してキャンペーンコードが入っていないか、どんな資料が送られてきたのか母に見てもらいましたw

母からスマイルゼミ資料についての連絡ライン

私が資料請求をした時は残念ながらキャンペーンコードが入っていなかったのですが、学年別のカリキュラムが手に入ったのが一番の収穫でした!!

要は小学3年生4月はこんなこと学んで、5月はこんなこと学んで・・・というようなカリキュラムが学年ごと国語・算数・英語・理科・社会教科別に記載されている冊子(というくらい厚い!)です。

これからも日本を意識しながらの家庭学習が続く中で、学習の進め方の一つの目安になるのでとてもありがたい冊子でした。

実家に送ってキャンペーンコードがあるか見てもらうぐらいならそれほど家族の負担にもならないので、お願いできる方はぜひしてみてくださいね。

\今ならポケモンポスターもらえるよー!!/

みかん

WEB資料請求があったらいいですね・・・海外在住者の受講者も多いみたいなので今後に期待しましょう!

社会や理科などを日本語で理解するのは難しい

娘の場合ですが、そして講座内容によりますが、社会や理科を完全に日本語で理解するのは難しいです。

例えば社会の授業で神戸の昔から今の移り変わりの授業があったのですが、鉄道の名前が色々出てきたり、

理科は磁石の話、体積の話・・・もちろん内容的にはすごく面白いなのですが、出てくる言葉がほぼ初めて聞く日本語だったりすると子供の方もかなり大変そうです。

みかん

説明するのも大変です・・・

社会や理科まで日本に合わせてやらなくてもいいかなーとも思うんですけどね。

せっかくあるのにやらないのももったいない・・・という気持ちもあり、結局やらせてます汗

ただ、ただやるだけなら時間ももったいないし、子供が楽しくないと意味がないので、これからは内容に興味のある時だけやらせるみたいなのでもいいかなーと、色々模索中です。

みかん

ある程度の年齢になると、学ぶ内容も難しくなってくるので、ぜーんぶきっちり学習するのは無理がありますね。

幼児期、小学生低学年からきっちり学習しとくべきだなーと改めて感じました。

次女こそは。。。

読み上げ機能が少ない

問題や説明を読み上げてくれる、読み上げがある講座とない講座があります。

例えば算数のその単元に入る一番はじめの説明は読み上げて説明してくれるのですが、問題が進むにつれて、文字のみになります。

みかん

漢字や語彙がまだ日本の学年レベルに達していない我が子からすると、読み上げてもらえると、ありがたい。

国語の文章問題も読み上げてくれると、ありがたい。

日本在住の子供からすると「毎回問題を読み上げられても、時間の無駄でさっさと進めたい!」という感じになりそうなので、ちょうどいいかもしれないですが・・・

読み上げが必要のない子供はそのまま進めて、読み上げが必要な子はボタンを押すと読み上げてくれる、みたいな機能があるといいなーと思います。

今はまだ難しい問題は私が隣で説いているので、日を追うごとに自分で進めれる問題がどんな感じで増えていくのか、それはそれで楽しみではあります。

スマイルゼミ海外利用レビューまとめ

スマイルゼミは毎月教材の郵送がないことや、タブレットで子供が自主的に学習しやすい、海外でも日本語に触れられるなどというメリットがあり、もともと海外在住者でも利用者が多い教材の1つでした。

2022年4月〜始まるコアトレ(さかのぼり・先取り学習)で海外在住者にさらに魅力的な通信教材になりますね!!

スマイルゼミ海外受講のメリット
  • 毎月教材の郵送がない(郵送代節約、教材が貯まらない)
  • タブレットなので難しい日本語も取り組みやすい
  • 日本の進んだ算数数学を学べる
  • 日本文化について学べる
  • (日本帰国予定のある場合は)教科書準拠のため日本の学校の授業に遅れない
  • 自動採点機能があるので親が付き切りでなくて良い
  • 4月からコアトレ開始(教科によってレベルが違う海外在住者にこそおすすめ!!)

ただもともと海外向けではないので、タブレットの郵送がしてもらえなかったり保証が受けにくいといったデメリットもあります。

スマイルゼミ海外受講のデメリット
  • タブレット配送が国内のみ
  • 故障の時の補償スムーズにできない
  • 2週間お試し体験が利用できない
  • 資料請求が海外配送していない
  • 社会や理科などを日本語で理解するのは難しい
  • 読み上げ機能が少ない

「日本語力アップ」をスマイルゼミだけに任せるのは、難しいかもしれませんが、スマイルゼミで楽しく学習習慣をつけれるのであれば、日本語だけでなく現地校の学習にも役立つ可能性もありますし、試してみる価値は十分にあると思います。

気になる方は、オンラインセミナーや資料請求(国内送付のみ)だけでも体験してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents
閉じる